ニュース

松坂大輔、19日に引退試合 背番号18で最後の登板へ

2021/10/13 16:14
 西武の松坂大輔投手

 西武の松坂大輔投手

 西武の辻発彦監督が13日、今季限りでの現役引退を表明している松坂大輔投手を19日の引退記者会見後にメットライフドームで行われる日本ハム戦で登板させる意向を示した。入団時の背番号18をつけて投げることも明らかにし「先発でいくと思う。いい思い出にしてもらいたい」と語った。

 昨年、頸椎の手術を受け今季の復活を目指したが、状態が上がらず今年7月に引退を決断。最後の登板に向けリハビリやキャッチボールをしているという。「150キロは全然無理だと思うが、投球できるくらいまで頑張っている。どこまで投げられるか、しっかりその場面、その時を目に焼き付けたい」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 松山が68で首位に浮上 (10/22)

     ZOZOチャンピオンシップ第2日(22日・千葉県習志野CC=7041ヤード、パー70)松山英樹が3バーディー、1ボギーの68で回り、通算8アンダーの132として2位から首位に上がった。66をマークし...

  • 高梨沙羅5連覇、小林陵侑もV (10/22)

     ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ第1日は22日、札幌市の宮の森ジャンプ競技場でノーマルヒルが行われ、女子は高梨沙羅(クラレ)が90・5メートルの飛躍を2回そろえ、合計236・1点で5連覇した...

  • 真鍋氏「身が引き締まる思い」 (10/22)

     バレーボール女子日本代表監督に2016年以来の復帰が決まった真鍋政義氏(58)が22日、オンラインで記者会見し「責任の重大さに身が引き締まる思い。最低条件は(24年)パリ五輪の出場権獲得」と目標を掲...

  • 小平奈緒が500m7連覇 (10/22)

     スピードスケートの全日本距離別選手権は22日、長野市エムウェーブで開幕し、女子500メートルは平昌冬季五輪金メダルの小平奈緒(相沢病院)が37秒58で7年連続12度目の優勝を果たした。高木美帆(日体...

  • パラ最年長「金」の杉浦がV4 (10/22)

     東京パラリンピックの自転車女子ロード種目で2冠を達成し、50歳の日本最年長金メダリストとなった杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が22日、広島県三原市で行われた全日本パラサイクリング選手権の個人ロードタ...

 あなたにおすすめの記事