ニュース

米、11月半ばにも緩和縮小 議事録、インフレも警戒

2021/10/14 9:01
 米FRBのパウエル議長=9月30日(ロイター=共同)

 米FRBのパウエル議長=9月30日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は13日、9月21、22両日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公開した。毎月1200億ドル(約13兆6千億円)規模の米国債などを買い入れている量的金融緩和策の縮小を、11月半ばにも始められるとの見解を示した。高インフレへの警戒も強め金融政策の正常化を目指す方針が鮮明になった。

 11月2、3両日に開く次回会合で縮小開始を決めた場合に「11月半ば、または12月半ばに始められる」との見通しを示した。参加者は総じて「来年半ばごろに縮小を完了するのが適切な可能性が高い」と判断した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  23日(日本時間 0時) (10/23)

     0時現在           1ドル=             113円60銭〜          113円61銭    前日比  +0円28銭   1ユーロ=            132円28銭...

  • 新生銀行、SBIと協議継続 (10/23)

     新生銀行の工藤英之社長が22日、共同通信のインタビューに応じ、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に「折り合えば賛同する」と述べ、協議を続ける考えを示した。株主の利益を最大化するた...

  • NY株、一時最高値 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅が一時140ドルを超え、取引時間中の過去最高値を更新した。中国不動産大手、中国恒大集団が当面のデフォル...

  • NY円、113円後半 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比21銭円高ドル安の1ドル=113円74〜84銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1624〜34ドル、132円30〜4...

  • 東京機械、買収防衛策を可決 (10/22)

     新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は22日、東京都内で臨時株主総会を開き、大株主で投資会社のアジア開発キャピタルグループに対する買収防衛策の発動が賛成多数で可決された。反発するアジア開発側は発動差し...

 あなたにおすすめの記事