ニュース

コロナ、東京の救命救急なお影響 警戒レベル据え置き

2021/10/14 18:48

 東京都は14日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。重症者数がピーク時の約7分の1に減少した一方で、専門家は「集中治療室(ICU)など重症用病床の使用が長期化し、救命救急医療体制に影響が残っている」と指摘。医療提供体制に関する4段階の警戒レベルを危険度の高い方から2番目に据え置いた。感染状況のレベルも高い方から3番目を維持した。

 都内の新規感染者数は直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数が13日時点で88・7人となり、8〜9月の感染拡大時から大幅に減少。480人の入院患者のうち重症者は43人となっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 世界のCO2濃度、過去最高更新 (10/25)

     【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は25日、地球温暖化を引き起こす大気中の二酸化炭素(CO2)の世界平均濃度が、2020年は413・2ppm(1ppmは100万分の1)となり、19年に記録した...

  • KMバイオ、3回目用で治験 (10/25)

     明治グループの製薬会社KMバイオロジクス(熊本市)は25日、開発中の新型コロナウイルスワクチンを3回目接種用に使えるかどうかを調べる臨床試験(治験)を年内に始める方針を発表した。国の承認を得て、来年...

  • ツバメやスズメ、大きく減る (10/25)

     日本国内で繁殖する鳥類のうち、過去約20年間でガビチョウなどの外来種の分布域が広がる一方で、ツバメやスズメといった身近な鳥の数が大きく減っていたことが25日、全国2100人超のボランティアが参加した...

  • 東京で17人感染、3人死亡 (10/25)

     東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに17人報告されたと発表した。24日の19人を下回り、今年の最少を2日連続で更新した。50〜90代の男性3人の死亡も確認された。 新規感染者数は直近7...

  • 井戸水には異常なし、群馬大病院 (10/25)

     群馬大病院で入院中の乳児10人がメトヘモグロビン血症を発症し、院内の井戸からくみ上げた飲料水から窒素化合物が検出された問題で、同病院は25日、井戸水に異常はなく午後から外来を再開すると発表した。21...

 あなたにおすすめの記事