ニュース

京大霊長類研の再編、月内決定へ 研究費不正問題、大幅縮小も

2021/10/14 19:26
 京都大霊長類研究所のチンパンジー飼育施設(同研究所提供)

 京都大霊長類研究所のチンパンジー飼育施設(同研究所提供)

 京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の研究費不正問題を受け、大学側が今月中にも研究所の再編を決定する方向で調整していることが14日、大学関係者への取材で分かった。名称を変更し、学内の重要組織である「附置研究所」から除外するなど大幅な規模縮小を検討。日本の霊長類研究をリードしてきた著名な研究所だったが、関係者は「事実上の解体だ」と指摘している。

 霊長類研を巡っては、京大が2020年6月、チンパンジー飼育施設の工事で架空取引や入札妨害など約5億円の不正支出があったとの報告書を公表。他にも会計検査院が約6億円の不正支出を指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 40年超の美浜原発、停止へ (10/23)

     関西電力は23日、運転開始から44年を超え6月に再稼働した美浜原発3号機(福井県美浜町)の原子炉を停止させた。テロ対策のための「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の設置が期限の今月25日に間に合わ...

  • 風疹検査、目標の4割未満 (10/23)

     風疹の拡大防止策として中高年の男性を対象に実施している無料の抗体検査を受けた人は約337万人で、目標の4割未満に低迷していることが23日、厚生労働省の調査で分かった。新型コロナウイルスの流行で、医療...

  • 5〜11歳のコロナ発症9割減 (10/23)

     【ワシントン共同】米製薬大手ファイザーは22日までに、同社製の新型コロナウイルスワクチンの2回接種により、5〜11歳の子どもの発症が90・7%抑えられるとする臨床試験結果をまとめた。食品医薬品局(F...

  • 若者、温暖化に「今、行動を」 (10/22)

     地球温暖化対策の強化を求める日本の若者が22日、東京・霞が関の経済産業省前で「気候危機」「今、行動して」と書かれたプラカードを持って抗議の声を上げた。国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP...

  • 国内で325人感染、12人死亡 (10/22)

     国内で22日、新たに325人の新型コロナウイルス感染者が報告された。都道府県別は大阪51人、愛知36人、東京と兵庫がそれぞれ26人、神奈川24人など。死者は神奈川3人、埼玉と大阪が各2人など計12人...

 あなたにおすすめの記事