ニュース

21年産米、9月価格12%下落 コロナ響き2年連続値下がり

2021/10/14 19:50

 農林水産省は14日、2021年産の新米が出回り始めた9月の出荷業者と卸売業者の相対取引価格を発表した。全銘柄の平均は玄米60キロ当たり1万3255円と前年同月比約12%下落し、2年連続の値下がりとなった。人口減少で需要縮小が続いているほか、新型コロナウイルス禍に伴う外食の低迷が響いた。

 政府はコメの需給対策を打ち出し、米価を下支えする構えだが、22年産の作付け計画にも影響を与えそうだ。スーパーなどの店頭価格にも値下がりが波及すれば、消費者にとっては恩恵となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  23日(日本時間 0時) (10/23)

     0時現在           1ドル=             113円60銭〜          113円61銭    前日比  +0円28銭   1ユーロ=            132円28銭...

  • 新生銀行、SBIと協議継続 (10/23)

     新生銀行の工藤英之社長が22日、共同通信のインタビューに応じ、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に「折り合えば賛同する」と述べ、協議を続ける考えを示した。株主の利益を最大化するた...

  • NY株、一時最高値 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅が一時140ドルを超え、取引時間中の過去最高値を更新した。中国不動産大手、中国恒大集団が当面のデフォル...

  • NY円、113円後半 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比21銭円高ドル安の1ドル=113円74〜84銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1624〜34ドル、132円30〜4...

  • 東京機械、買収防衛策を可決 (10/22)

     新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は22日、東京都内で臨時株主総会を開き、大株主で投資会社のアジア開発キャピタルグループに対する買収防衛策の発動が賛成多数で可決された。反発するアジア開発側は発動差し...

 あなたにおすすめの記事