ニュース

3回目接種に向け、11月配送 自治体にまず412万回分

2021/10/15 20:25

 厚生労働省は15日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種用として、各自治体に米ファイザー製を3519箱(約412万回分)配分すると発表した。3回目接種は12月に始まる見込みで、今回配分するのは来年1月までの分。11月中旬から配送する。

 政府は3回目接種の時期について、2回目から8カ月以降を目安としている。今回配分するワクチンは、5月までに2回の接種が完了した医療従事者や高齢者らに使う想定。

 東京が358箱と最も多く、次いで神奈川195箱、大阪188箱、愛知172箱など。その後の配分量は11月下旬に明らかにする予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 子ども向けの国産ワクチン開発 (12/4)

     国産の新型コロナウイルスワクチンの開発に取り組むKMバイオロジクス(熊本市)は4日、生後6カ月から18歳向けの不活化ワクチンの臨床試験(治験)を今後国内で行い、来年の実用化を目指す方針を明らかにした...

  • 接種間隔の変更で「混乱」64% (12/4)

     新型コロナワクチンの3回目接種に関する共同通信調査で、都道府県庁がある47市区のうち64%の30市区が、2回目からの間隔を巡る政府方針変更により「混乱した」と回答したことが4日、分かった。3回目から...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

  • 131人コロナ感染、死者なし (12/4)

     国内で4日、新たに131人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京19人、大阪16人、神奈川12人、北海道10人など。死者の報告はなかった。 厚生労働省によると、重症者は前日から4人減り28人。...

  • 国際線の予約数、毎日報告を要請 (12/4)

     新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の水際対策強化に伴い、国土交通省が各航空会社に、日本に到着する国際線で運航予定の便名や予約人数を更新したデータを毎日提出するよう要請したことが4日、関...

 あなたにおすすめの記事