ニュース

腕にシート、自ら抗体検査 コロナ対策、痛みなく簡便

2021/10/18 13:46
 抗体検査シートの試作品

 抗体検査シートの試作品

 微細な針が並んだ紙のシートを腕に貼って体液を吸い上げ、センサーで抗体の量を検査する―。新型コロナウイルス対策に役立てようと、東大でこんな研究が進んでいる。蚊が人間の血を吸うのに似た方法で、元々は糖尿病予備軍の血糖値を測る目的で始まった。

 研究しているのは、東大生産技術研究所の金範ジュン教授(53)のチーム。「マイクロニードル」と呼ばれる、先端の直径が50マイクロメートル(1ミリの20分の1)以下、長さが1ミリ以下の小さな針を紙のシートに並べて加工。これを腕に貼ると、針が皮膚の下から「細胞間質液」を吸い上げ、センサーに到達すると抗体の量が分かる仕組みだ。


この記事の写真

  •  「マイクロニードル」を映す画面を見る金範シュン教授=7日、東京都目黒区の東大生産技術研究所
  •  抗体検査シートのイメージ

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東証大幅続落、終値は467円安 (11/29)

     週明け29日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落し、終値は前週末比467円70銭安の2万8283円92銭だった。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への警戒が高まる中、政府...

  • 新変異株、危機管理で連携 (11/29)

     東京都の小池百合子知事は29日午後、岸田文雄首相と官邸で会談し、水際対策の強化やワクチン接種の安定的な実施、経口治療薬の確保や供給体制の構築などを要請した。各国で感染確認が相次ぐ新型コロナウイルスの...

  • 成田空港陽性者のウイルス解析中 (11/29)

     後藤茂之厚生労働相は29日、ナミビアから成田空港に到着した30代男性の新型コロナウイルス陽性が確認され、新変異株「オミクロン株」かどうかを国立感染症研究所で解析していると明らかにした。 厚労省による...

  • 入国停止は「当面1カ月」 (11/29)

     政府は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受けた水際対策の強化措置として、全世界を対象に外国人の入国を禁止すると発表した。期間は他の措置と合わせて「当面1カ月」とし、3...

  • 外国人の入国、30日から禁止に (11/29)

     岸田文雄首相は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が欧州などで急拡大する状況を踏まえ、外国人の入国措置は30日午前0時から全世界を対象に禁止すると表明した。日本人の帰国者らを対象...

 あなたにおすすめの記事