ニュース

体操の世界選手権、北九州で開幕 五輪後初の大規模国際大会

2021/10/18 10:24
 体操の世界選手権が開幕し、会場の北九州市立総合体育館へ向かう観客ら=18日午前

 体操の世界選手権が開幕し、会場の北九州市立総合体育館へ向かう観客ら=18日午前

 体操の世界選手権は18日、北九州市立総合体育館で開幕し、女子の予選がスタートした。村上茉愛ら日本勢は午後4時からの5班で演技する。東京五輪・パラリンピック後、国内で開催される初の大規模な国際大会で、日本開催は2011年の東京大会以来3度目。個人総合と種目別のみで争われる。

 国際体操連盟(FIG)によると、56カ国・地域から300人を超える選手が参加。新型コロナウイルス感染対策として外部との接触を遮断する「バブル方式」を採用する。政府のワクチン接種証明などを使った行動制限緩和に関する実証実験の対象となっており、観客数の上限は設けない。

 大会は24日まで。


この記事の写真

  •  体操の世界選手権が行われる北九州市立総合体育館の入り口で、ワクチン接種証明などの提示を求めるスタッフ=18日

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 子ども向けの国産ワクチン開発 (12/4)

     国産の新型コロナウイルスワクチンの開発に取り組むKMバイオロジクス(熊本市)は4日、生後6カ月から18歳向けの不活化ワクチンの臨床試験(治験)を今後国内で行い、来年の実用化を目指す方針を明らかにした...

  • 接種間隔の変更で「混乱」64% (12/4)

     新型コロナワクチンの3回目接種に関する共同通信調査で、都道府県庁がある47市区のうち64%の30市区が、2回目からの間隔を巡る政府方針変更により「混乱した」と回答したことが4日、分かった。3回目から...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

  • 131人コロナ感染、死者なし (12/4)

     国内で4日、新たに131人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京19人、大阪16人、神奈川12人、北海道10人など。死者の報告はなかった。 厚生労働省によると、重症者は前日から4人減り28人。...

  • 国際線の予約数、毎日報告を要請 (12/4)

     新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の水際対策強化に伴い、国土交通省が各航空会社に、日本に到着する国際線で運航予定の便名や予約人数を更新したデータを毎日提出するよう要請したことが4日、関...

 あなたにおすすめの記事