ニュース

「接種後死亡」訴えて拘束、中国 12歳娘の母、「騒乱」の疑い

2021/10/18 19:51

 【大連共同】中国河南省で娘(12)が新型コロナワクチンを打った後に急死したとして、政府機関に情報公開などを求めていた女性が18日までに、「公共秩序騒乱」の疑いで地元当局に拘束された。香港紙、明報などが伝えた。

 明報によると、女性の娘は8月上旬に接種した2日後、高熱や呼吸不全となり、同28日に死亡。女性は短文投稿サイト、微博(ウェイボ)で、地元当局に情報公開や対応を求めたが回答が得られず、当局関係者とみられる男らに暴行されたと訴えていた。北京へ陳情しに行こうとしていたが今月16日に拘束された。

 同紙によると、中国当局は接種に関連する死亡例を公表していない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • ビオンテック、変異株対応に自信 (12/4)

     【ベルリン共同】ドイツのバイオ企業ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は3日、米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、比較的短期間で新変異株オミクロン株に対応した形...

  • 施設待機者を一部自宅に (12/4)

     後藤茂之厚生労働相は3日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の水際対策強化で検疫の指定待機施設が不足する恐れがあるとして、施設待機3日間の対象国から来た一部入国者はワクチン接種済みなら自宅待...

  • チュニジアで新変異株 (12/4)

     【カイロ共同】チュニジアの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を初めて確認したと発表した。国営TAP通信が伝えた。感染者は、アフリカ南部の国からトルコ最大都市イスタン...

  • メキシコでも「オミクロン株」 (12/4)

     【ロサンゼルス共同】メキシコの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人が同国で初めて確認されたと明らかにした。南アフリカ出身の男性(51)で、症状は軽いという。中南米...

  • NY株反落、59ドル安 (12/4)

     【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比59・71ドル安の3万4580・08ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の流行を懸...

 あなたにおすすめの記事