ニュース

北京の聖火リレーは3日間 コロナ対策、開催地に限定

2021/10/20 18:25
 北京冬季五輪の聖火到着式典でともされた聖火=20日、北京(ロイター=共同)

 北京冬季五輪の聖火到着式典でともされた聖火=20日、北京(ロイター=共同)

 【北京共同】北京冬季五輪の大会組織委員会は20日、国内の聖火リレーを五輪会場がある北京と河北省張家口だけで実施すると明らかにした。期間は3日間だけで、全国各地の巡回は見合わせる。新型コロナウイルス対策を優先する姿勢を鮮明にした。北京では同日、聖火の到着式典が開かれた。来年2月4日の開幕に向けムードを盛り上げる意向もあるが、思惑通りにいくか不透明だ。

 聖火は古代五輪の舞台だったギリシャのオリンピアで今月18日に採火された。北京の五輪タワーで一般公開後、冬季スポーツが比較的盛んな中国北部などの一部都市で展示する。聖火リレーは開幕直前の来年2月2日から行う。


この記事の写真

  •  北京冬季五輪の聖火到着式典で、聖火をランタンからトーチに移す参加者=20日、北京(ロイター=共同)
  •  北京冬季五輪の聖火到着式典を前に記念撮影する人たち=20日、北京(ロイター=共同)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 国内で感染132人、死者2人 (11/30)

     国内で30日、新たに132人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京21人、群馬14人、大阪12人など。死者は東京と神奈川で計2人の報告があった。 厚生労働省によると、全国の重症者は前日か...

  • 雇調金を返納、経営陣は交代を (11/30)

     日本旅行業協会の菊間潤吾会長が代表取締役会長を務めるワールド航空サービス(東京)の第三者による調査委員会は30日、同社の雇用調整助成金(雇調金)不正受給疑惑に関する最終報告書を公表した。故意だった根...

  • オミクロン株、日本で初確認 (11/30)

     政府は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本で初めて確認されたと発表。感染が分かったのはアフリカ南部のナミビアから28日に成田空港に到着した30代男性。入国時の検査で...

  • 東京、11月の感染者は562人 (11/30)

     東京都は30日、新型コロナウイルスの感染者が新たに21人報告されたと発表した。死者は60代男性1人が確認された。11月の感染者は計562人となり、月間での3桁は「第1波」後の2020年6月(994人...

  • 来年度予算は107兆円超え (11/30)

     国の2022年度一般会計当初予算案の歳出総額が107兆円を超え、10年連続で過去最大を更新する見通しであることが30日、政府関係者への取材で分かった。安全保障の強化を打ち出した岸田文雄首相の意向を受...

 あなたにおすすめの記事