ニュース

日本研究者の受け入れ再開へ 国際交流基金、月内に55人

2021/10/24 21:02
 国際交流基金の本部=23日、東京都新宿区

 国際交流基金の本部=23日、東京都新宿区

 外務省が所管する国際交流基金(東京)は新型コロナウイルス流行後、中断していた外国の日本研究者受け入れの再開を決めた。同基金が24日までに明らかにした。今月28日に欧米やアジアなどから計55人が来日する。11、12月にもそれぞれ入国日を指定し、一定数の研究者を受け入れる方向で調整中だ。

 欧米では、コロナ禍が下火になった最近は日本からの研究者を受け入れつつあるが、日本は欧米からの入国に門戸を原則的に閉ざし続け、批判されている。こうした現状や在外の日本研究支援の重要性に鑑み、受け入れ再開を決めた。学術交流の再活性化に弾みがつきそうだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東証大幅続落、終値は467円安 (11/29)

     週明け29日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落し、終値は前週末比467円70銭安の2万8283円92銭だった。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への警戒が高まる中、政府...

  • 新変異株、危機管理で連携 (11/29)

     東京都の小池百合子知事は29日午後、岸田文雄首相と官邸で会談し、水際対策の強化やワクチン接種の安定的な実施、経口治療薬の確保や供給体制の構築などを要請した。各国で感染確認が相次ぐ新型コロナウイルスの...

  • 成田空港陽性者のウイルス解析中 (11/29)

     後藤茂之厚生労働相は29日、ナミビアから成田空港に到着した30代男性の新型コロナウイルス陽性が確認され、新変異株「オミクロン株」かどうかを国立感染症研究所で解析していると明らかにした。 厚労省による...

  • 入国停止は「当面1カ月」 (11/29)

     政府は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受けた水際対策の強化措置として、全世界を対象に外国人の入国を禁止すると発表した。期間は他の措置と合わせて「当面1カ月」とし、3...

  • 外国人の入国、30日から禁止に (11/29)

     岸田文雄首相は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が欧州などで急拡大する状況を踏まえ、外国人の入国措置は30日午前0時から全世界を対象に禁止すると表明した。日本人の帰国者らを対象...

 あなたにおすすめの記事