ニュース

コロナ増減に2カ月周期説 米紙「要因は謎のまま」

2021/10/25 21:11
 新型コロナウイルス感染者数の推移(2020年10月〜21年10月)

 新型コロナウイルス感染者数の推移(2020年10月〜21年10月)

 米国で、夏に猛威を振るった新型コロナウイルスのデルタ株感染が急減した。ワクチン普及が沈静化に貢献したのは確かだが、米紙は感染の増減が2カ月周期で繰り返される「謎」を指摘。何が理由なのか、疑問が深まっている。

 疾病対策センター(CDC)によると、全米の1日当たりの感染者数(7日間平均)は7月に入り再拡大したが、9月1日の約16万人をピークに減り始め、今月22日には約7万人と半減した。9月以降は99%がデルタ株。ワクチン接種を終えたのは人口の57・4%に達した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米大統領「パニックの必要なし」 (11/30)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は29日、ホワイトハウスで演説し、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株について「懸念材料だが、パニックになる必要はない」と述べ、国民に冷静な対応を呼び掛けた...

  • 経産相「国内活動、萎縮せずに」 (11/30)

     萩生田光一経済産業相は30日、閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現に関連し、国内のスポーツや文化イベント、修学旅行などは「冷静に、当面注視しながら萎縮しないよう...

  • 東証、午前終値2万8498円 (11/30)

     30日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。前日の米国株式市場が上昇したことを好感し、前日まで大幅下落した東京市場でも割安感のある銘柄を中心に買い戻しの動きが目立った。上げ幅は一時...

  • 入国間に合い、外国人安堵 (11/30)

     新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、政府が全世界を対象に外国人の入国を停止した30日、成田や羽田などの各空港には各国から航空便が到着した。ぎりぎりで入国できた人たちは「審...

  • オミクロン株用ワクチン開発検討 (11/30)

     塩野義製薬は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対応するワクチンの開発を検討していることを明らかにした。同社は現在、自社開発の新型コロナワクチンの実用化に向け、最終段階の臨床試...

 あなたにおすすめの記事