ニュース

巨大経済圏RCEP、1月発効へ 中韓と初の自由貿易協定

2021/11/3 17:53
 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の参加国の閣僚ら=2019年、バンコク

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の参加国の閣僚ら=2019年、バンコク

 日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など計15カ国が加盟する地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が、来年1月1日に発効する見通しとなったことが3日、分かった。オーストラリア政府が発表した。協定は関税削減や統一ルールにより自由貿易を推進する枠組みで、輸出企業に追い風となる。日本にとっては中韓との初めての経済連携協定。加盟国のGDPと人口はそれぞれ合計で世界の約3割を占め、最大級の経済圏が誕生する。

 加盟国全体での関税撤廃率は品目ベースで91%。発展段階にある新興国が含まれ、経済力が比較的高い国が多いTPPよりは自由化の水準が低くとどまった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 社名「サントリー」、13年ぶり (12/2)

     サントリーホールディングス(HD)は2日までに、新会社「サントリー」を来年7月に設立すると発表。傘下の5社を合併させる形で、国内における酒類の製造や営業を一本化。以前の「サントリー」は持ち株会社とな...

  • 群馬銀と第四北越銀が連携 (12/2)

     群馬銀行(前橋市)と第四北越銀行(新潟市)は2日、地方創生の取り組みなどで協力する連携協定を結んだと発表した。営業地域が隣接していることを生かして観光振興や再開発事業への融資で協力する。店舗の共同利...

  • 為替相場   2日(日本時間19時) (12/2)

    19時現在           1ドル=             113円15銭〜          113円16銭    前日比  +0円26銭   1ユーロ=            128円14銭...

  • ドローンでセブン商品の配送実験 (12/2)

     セブン―イレブン・ジャパンとANAホールディングスは2日、コンビニ商品をドローンで配送する実験を東京都日の出町で始めたと発表した。周辺住民らが専用ウェブサイトから注文し、近くの公園や病院などまで届け...

  • 東京円、113円台前半 (12/2)

     2日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台前半で取引された。 午後5時現在は前日比15銭円高ドル安の1ドル=113円26〜28銭。ユーロは51銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円10〜14銭。...

 あなたにおすすめの記事