ニュース

「中国の台湾侵攻当面ない」 米軍制服組トップが分析

2021/11/4 5:57
 9月、米上院軍事委員会の公聴会で話す米軍のミリー統合参謀本部議長=ワシントン(ロイター=共同)

 9月、米上院軍事委員会の公聴会で話す米軍のミリー統合参謀本部議長=ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は3日、中国が台湾を侵攻する可能性は当面は低いとの考えを改めて示した。米シンクタンク、アスペン研究所のフォーラムで「中国は近い将来、台湾へ行動を起こそうと準備しているか」と問われ「私の分析によれば半年や1、2年という近い将来に起こり得るとは思わない」と否定した。

 一方、中国は指導者が望めば台湾に侵攻できる能力を「明らかに構築している」と指摘。「何が起こってもおかしくない」と述べ、警戒心を示した。

 台湾侵攻を巡っては3月、当時の米インド太平洋軍司令官が、6年以内に起きる可能性があるとの認識を示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 英のハリポタ作者に殺害予告 (11/28)

     【ロンドン共同】人気小説「ハリー・ポッター」シリーズを手掛けた英作家J・K・ローリングさんが27日までに、自宅住所をツイッターにさらされたと明らかにし、多数の殺害予告などの脅迫も受けているとツイッタ...

  • オーストリア、コロナで抗議デモ (11/28)

     【ウィーン共同】DPA通信によると、オーストリア南部グラーツで27日、新型コロナウイルス感染拡大の対策として政府が打ち出したワクチン接種の義務化などに抗議する最大3万人がデモ行進した。西部インスブル...

  • 変異株命名、中国に配慮か? (11/28)

     【ニューヨーク共同】米FOXニュースは27日、新型コロナウイルスの新たな変異株の名前「オミクロン」について、世界保健機関(WHO)が中国への配慮などから原則を曲げて決めたとの見方が出ていると伝えた。...

  • 「注目嫌」とテニス彭帥さん? (11/28)

     【北京共同】中国最高指導部の元メンバーに性的関係を迫られたと暴露したテニス選手、彭帥さんが女子テニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)に送ったとするメールを、知人として振る...

  • 韓国・全斗煥元大統領の妻が謝罪 (11/27)

     【ソウル共同】1980年5月の光州事件などで民主化運動を弾圧した韓国の全斗煥元大統領の告別式が27日、ソウルで開かれた。全氏が謝罪しないまま死去したことへの批判を受け、李順子夫人は「夫の在任中に苦痛...

 あなたにおすすめの記事