ニュース

9月の消費支出1・9%減 緊急事態宣言が響く

2021/11/5 10:52
 1世帯当たりの消費支出増減率

 1世帯当たりの消費支出増減率

 総務省が5日発表した9月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は26万5306円で、物価変動を除く実質で前年同月比1・9%減となり、2カ月連続で減少した。9月は緊急事態宣言が東京や大阪などで延長され、外出自粛が続いたことが響いた。

 項目別では「食料」が3・5%減。外食での飲酒機会減が要因だ。在宅勤務が広がってスーツの購入が減り「被服および履物」も8・1%減となった。世界的な半導体不足を受けて自動車生産が需要に追いつかず、自動車等関係費を含む「交通・通信」は6・5%減った。首都圏の賃貸住宅の賃料が上がり「住居」は5・3%増えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証、181円安 (12/2)

     2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比181円73銭安の2万7753円89銭だった。

  • 東京株式  2日09時15分  (12/2)

    <225種>          27753円89銭      前日比 −181円73銭  <TOPIX>         1928.03        前日比 −08.71    

  • 為替相場   2日(日本時間 9時) (12/2)

     9時現在           1ドル=             112円88銭〜          112円89銭    前日比  +0円53銭   1ユーロ=            127円77銭...

  • ナスダック  1日終値     (12/2)

    <ナスダック>          15254.05       前日比 −283.64  

  • NY原油続落、65ドル台 (12/2)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の来年1月渡しが前日比0・61ドル安の1バレル=65・57ドルと今年8月以来、約3カ月半ぶりの安値で取引を終...

 あなたにおすすめの記事