ニュース

東証、午前終値は2万9593円 一時200円超安、利益確定売り

2021/11/5 11:45

 5日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落し、前日終値比の下げ幅が一時200円を超えた。衆院選の投開票以降、平均株価は上昇基調にあったため、ひとまず利益を確定する売りに押された。一方で、前日の米ハイテク株高を好感した買い注文も入り、相場を支えた。

 午前終値は前日終値比200円76銭安の2万9593円61銭。東証株価指数(TOPIX)は17・27ポイント安の2038・29。

 衆院選では与党が国会運営を主導できる絶対安定多数を上回り、政策の継続性への期待が高まったことなどから、今週は買いが優勢になる日が多かった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式  2日10時     (12/2)

    <225種>          27823円74銭      前日比 −111円88銭  <TOPIX>         1929.14        前日比 −07.60    

  • 為替相場   2日(日本時間10時) (12/2)

    10時現在           1ドル=             112円97銭〜          112円98銭    前日比  +0円44銭   1ユーロ=            127円84銭...

  • 東証、181円安 (12/2)

     2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比181円73銭安の2万7753円89銭だった。

  • ナスダック  1日終値     (12/2)

    <ナスダック>          15254.05       前日比 −283.64  

  • NY原油続落、65ドル台 (12/2)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の来年1月渡しが前日比0・61ドル安の1バレル=65・57ドルと今年8月以来、約3カ月半ぶりの安値で取引を終...

 あなたにおすすめの記事