ニュース

土石流盛り土、空欄の届け出受理 熱海市「検証する必要ある」

2021/11/5 16:35

 静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流で、起点となった土地を2006年に取得した不動産管理会社(神奈川県小田原市)が07年に静岡県土採取等規制条例に基づき盛り土の届け出をした際、書面の一部に空欄があったにもかかわらず、熱海市が受理していたことが5日、市への取材で分かった。

 届け出に空欄があれば全て記入するよう指導するのが一般的で、市の宿崎康彦観光建設部長は「受理までにどんなやりとりがあったのか検証する必要がある」と話した。

 県土採取等規制条例は、工程や区域など9項目の記載を規定。不動産管理会社が提出した書面は災害防止とのり面保護など3項目が空欄だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • ラーメン大勝軒で「パワハラ」か (11/30)

     つけ麺で知られる人気ラーメン店「大勝軒」からのれん分けした店で、暴力行為などのパワーハラスメントを受けたとして、元店長の20代男性が30日、運営会社に慰謝料など計約1060万円を求める訴訟を東京地裁...

  • 漫画家ら3人に賠償命令 (11/30)

     自らの性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(32)が、被害は虚偽だとするイラストをツイッターに投稿されて名誉を傷つけられたとして、漫画家はすみとしこさんら3人に計770万円の支払いを求めた...

  • ベトナム実習生に懲役30年求刑 (11/30)

     2019年8月に茨城県八千代町の住宅で、住人の夫婦を殺傷したとして、殺人などの罪に問われたベトナム国籍の農業実習生グエン・ディン・ハイ被告(23)の裁判員裁判が30日、水戸地裁(中島経太裁判長)で開...

  • ハンセン病で追悼式典 (11/30)

     国の不当な隔離政策に苦しめられて亡くなったハンセン病元患者らの追悼と名誉回復のための式典が30日、東京・霞が関の厚生労働省で開かれた。参列した違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長(73)は「...

  • 大阪の倉庫火災、収まらず (11/30)

     大阪市此花区の日立物流西日本の6階建て倉庫で29日朝に起きた火災は、一夜明けた30日午前も鎮火の見通しは立っていない。此花署や大阪市消防局によると、段ボールなどが燃え、少なくとも倉庫約3万平方メート...

 あなたにおすすめの記事