ニュース

全日空社長、CO2削減へ 新燃料普及、地方空港でも

2021/11/5 18:13
 インタビューに応じる全日本空輸の平子裕志社長

 インタビューに応じる全日本空輸の平子裕志社長

 全日本空輸(ANA)の平子裕志社長が5日、共同通信のインタビューに応じ、二酸化炭素(CO2)排出量の低減につながる新燃料の普及に向け、供給実績のある羽田や成田空港だけではなく、地方空港における給油体制の整備に意欲を示した。全日空グループに加えて日本航空系列を含めた地方航空会社、製造会社などサプライチェーン(供給網)全体を巻き込み「大同団結で物事を進めなくてはいけない」と強調した。

 新燃料は持続可能な航空機燃料(SAF)と呼ばれ、廃油などが原料となる。生産や燃焼を含めた一連のCO2排出量は化石燃料に比べ約80%削減できると期待される。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 29日13時     (11/29)

    <225種>          28582円01銭      前日比 −169円61銭  <TOPIX>         1967.29        前日比 −17.69    

  • 為替相場  29日(日本時間13時) (11/29)

    13時現在           1ドル=             113円68銭〜          113円69銭    前日比  +0円48銭   1ユーロ=            128円23銭...

  • au3G、4月で自動解約 (11/29)

     KDDI(au)は29日、「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話などで使う第3世代(3G)回線について、来年4月以降は契約が自動解約になると発表した。3Gのサービスを来年3月末に終えることに伴う措置。...

  • 東証、午前終値2万8746円 (11/29)

     週明け29日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の流行が世界経済の減速につながるとの警戒感が高まり、前週末終値と比べた下げ幅は一時...

  • 日産、電動化投資5年間で2兆円 (11/29)

     日産自動車は29日、電気自動車(EV)の開発など電動化対応に今後5年間で2兆円を投資すると発表した。2030年度までに世界販売における車種ラインアップの50%以上を電動車にすることを目指し、EV15...

 あなたにおすすめの記事