ニュース

スバル、17万台減産へ 純利益予想も下方修正

2021/11/5 17:30

 SUBARU(スバル)は5日、2022年3月期の世界生産計画を当初の103万台から、17万台減の86万台に引き下げると発表した。半導体不足や東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大による部品調達難が響く。4万台減としていた8月時点から拡大した。減産に伴い、22年3月期連結業績予想の純利益を1400億円から1100億円に下方修正した。

 21年9月中間連結決算は、前年の新型コロナウイルス禍からの販売回復が寄与し、純利益が前年同期比88・9%増の447億円だった。売上高は10・1%増の1兆3416億円となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • LINEペイで二重払い発生 (11/28)

     通信アプリ大手LINE(ライン)の子会社が手掛けるプリペイドカード「LINEペイカード」で、買い物をした利用者が代金を二重に支払うトラブルが約2万5千件発生したことが27日、分かった。システム障害が...

  • イニエスタ選手に注意 (11/27)

     【パリ共同】スペイン証券取引委員会は27日までに、サッカーの元スペイン代表でJリーグ神戸のアンドレス・イニエスタ選手がツイッターで大手暗号資産(仮想通貨)取引所の宣伝とみられる投稿をしたことに対し、...

  • 鹿児島空港に自動草刈り機納入 (11/27)

     ヤンマーホールディングス傘下のヤンマーアグリジャパン(大阪市)は、空港内の緑地を整備する自動草刈り機2台を鹿児島空港(鹿児島県霧島市)に納入した。作業者不足の解消に向けた国の取り組みの一環で、鹿児島...

  • JR四国、冬のボーナス最低に (11/27)

     JR四国は27日までに、冬のボーナスに当たる年末手当を基準内賃金の1・21カ月分とすることで労働組合と妥結した。新型コロナウイルス流行の影響が長期化する中、1987年の民営化後で最低だった前年冬の1...

  • WTO閣僚会議、無期限延期 (11/27)

     【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は27日、スイス西部ジュネーブで30日から予定していた閣僚会議の無期限延期を決定したと発表した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への対応で、同株が...

 あなたにおすすめの記事