ニュース

米の10月就業者、53万人増 失業率4・6%に改善

2021/11/5 21:58

 【ワシントン共同】米労働省が5日発表した10月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から53万1千人増加した。新型コロナウイルス禍からの景気回復を受けて10カ月連続のプラス。失業率は0・2ポイント改善し4・6%だった。

 事前に45万人程度と金融市場が予想した水準を上回り、雇用の堅調な改善が見られた。米連邦準備制度理事会(FRB)は米国債などを大量に買い入れる量的金融緩和の縮小を11月中に開始する方針で、今後も雇用情勢を注視しながら金融政策の判断を行う。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日本車4社、米販売23%減 (12/2)

     【ニューヨーク共同】日本の自動車大手4社が1日発表した11月の米新車販売台数は計29万2295台と、前年同月から23・1%減った。半導体不足による新車供給の制約が続き、4社全てが前年実績を割り込んだ...

  • NY株式   1日終値     (12/2)

    <ダウ工業30種平均>      34022.04       前日比 −461.68  

  • NY株続落、461ドル安 (12/2)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比461・68ドル安の3万4022・04ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡...

  • 為替相場   2日(日本時間 6時) (12/2)

     6時現在           1ドル=             112円82銭〜          112円83銭    前日比  +0円59銭   1ユーロ=            127円61銭...

  • 米経済「緩やかに成長」 (12/2)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日公表した全国12地区連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)で、米経済が「大半の地区で小幅から緩やかなペースで成長した」との景気判断を維持し...

 あなたにおすすめの記事