ニュース

NY株最高値、203ドル高 雇用改善で景気回復期待

2021/11/6 6:01
 ニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)

 ニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比203・72ドル高の3万6327・95ドルと、2日ぶりに過去最高値を更新して取引を終えた。10月の米雇用統計で非農業部門の就業者数の増加幅が市場予想を上回り、米景気の先行きに楽観的な見方が広がった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数と幅広い銘柄のSP500種株価指数は続伸し、ともに7営業日連続で最高値を更新。それぞれ31・28ポイント高の1万5971・59、17・47ポイント高の4697・53で終えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   3日(日本時間 6時) (12/3)

     6時現在           1ドル=             113円17銭〜          113円18銭    前日比  +0円09銭   1ユーロ=            127円87銭...

  • 為替相場   3日(日本時間 2時) (12/3)

     2時現在           1ドル=             113円09銭〜          113円10銭    前日比  +0円17銭   1ユーロ=            127円87銭...

  • NY株、反発 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比483・41ドル高の3万4505・45ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は56・59...

  • NY原油、一時62ドル台 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の2022年1月渡しが、一時1バレル=62ドル台まで下落した。約3カ月半ぶりの安値水準。 石油輸出国機構(O...

  • 産油国、増産計画を維持 (12/2)

     【ロンドン、ニューヨーク共同】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日に開いた閣僚級会合で、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると決めた。新型コロ...

 あなたにおすすめの記事