ニュース

NY原油、終値81ドル台 4日ぶり反発、需給懸念

2021/11/6 7:48

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク原油先物相場は4日ぶりに反発し、指標の米国産標準油種(WTI)の12月渡しが、前日比2・46ドル高の1バレル=81・27ドルで取引を終えた。

 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」が前日の会合で追加増産を見送ったことを受けて、需給逼迫への懸念から買いが優勢となった。朝方発表された10月の米雇用統計で、非農業部門の就業者数の増加幅が市場予想を上回り、景気回復加速への期待が高まったことも買いを誘った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 29日14時     (11/29)

    <225種>          28370円31銭      前日比 −381円31銭  <TOPIX>         1954.03        前日比 −30.95    

  • 為替相場  29日(日本時間14時) (11/29)

    14時現在           1ドル=             113円57銭〜          113円62銭    前日比  +0円59銭   1ユーロ=            128円07銭...

  • トヨタ、10月の国内生産半減 (11/29)

     トヨタ自動車が29日発表した10月の国内生産は前年同月比50・9%減の15万1918台だった。3カ月連続で前年実績を下回った。9月(55・3%減)と同様に、東南アジアの新型コロナウイルス流行や半導体...

  • au3G、4月で自動解約 (11/29)

     KDDI(au)は29日、「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話などで使う第3世代(3G)回線について、来年4月以降は契約が自動解約になると発表した。3Gのサービスを来年3月末に終えることに伴う措置。...

  • 東証、午前終値2万8746円 (11/29)

     週明け29日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の流行が世界経済の減速につながるとの警戒感が高まり、前週末終値と比べた下げ幅は一時...

 あなたにおすすめの記事