ニュース

忘新年会、7割が開催せず 関西企業、慎重姿勢続く

2021/11/6 15:24

 東京商工リサーチが実施した企業アンケートによると、年末年始の忘年会や新年会を「開催しない」と回答した関西企業が68・9%を占めた。新型コロナウイルス流行が落ち着き、緊急事態宣言や営業時間の短縮要請は解除されたが、大人数での会食に依然慎重な企業が多く、宴会需要は今年も低迷しそうだ。

 「緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に関係なく開催しない」と答えた企業は、奈良が84・3%に上り、全国で最も高かった。和歌山は79・5%、大阪は68・7%、京都は68・3%、兵庫は66・1%、滋賀は62・2%だった。全国で同様に開催しないと回答した企業は70・5%だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日産、レース車「Z」公開 (12/5)

     日産自動車は5日、市販車を改造したレーシングカーで競う自動車レース「スーパーGT」に2022年から参戦する「ニッサン Z GT500」を富士スピードウェイ(静岡県小山町)で公開した。ベースとなる新型...

  • 免税購入、留学生を除外へ (12/5)

     政府、与党は5日、訪日外国人向けの消費税免税制度について、外国人留学生ら長期滞在者を対象から除外する方針を固めた。これまで入国から半年間は免税による購入を認めていたが、対象者かどうかの確認作業が煩雑...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

  • 中国・上海で「SAKE」をPR (12/4)

     【上海共同】中国・上海のホテルで4日、日本の酒をPRするイベント「Sake@文化祭」が開かれ、南九州3県や高知県などが出展した。日本酒のほか、焼酎やクラフトビールを含めた約200種類の銘柄が登場。来...

  • ナスダック  3日終値     (12/4)

    <ナスダック>          15085.47       前日比 −295.85  

 あなたにおすすめの記事