ニュース

ベトナム初の都市鉄道開業 中国支援、運行開始大幅に遅れる

2021/11/6 15:29
 6日、ベトナムの首都ハノイに開業した都市鉄道(共同)

 6日、ベトナムの首都ハノイに開業した都市鉄道(共同)

 【ハノイ共同】ベトナムの首都ハノイ中心部で6日、国内初の都市鉄道「カットリン―ハドン線」が開業した。渋滞などの緩和に向け当初は期待が高かったが、中国の支援で2011年に工事が始まったものの運行開始は大幅に遅れ、半ばあきれていた市民も多い。今後の運行で挽回できるかが課題だ。

 鉄道は高架式で、約13キロに12駅が設けられた。各駅停車で片道23分。建設などは中国企業が請け負い、工事開始時点で15年の運行開始を目指していた。総工費は約9兆ドン(約450億円)から約18兆ドンに膨らんだ。


この記事の写真

  •  6日、ベトナムの首都ハノイに開業した都市鉄道の車内(共同)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 島国バルバドスが共和制に移行 (11/30)

     【サンパウロ共同】カリブ海の島国バルバドスは30日、英女王エリザベス2世を国家元首とする立憲君主制から共和制に政治体制を移行した。女性のサンドラ・メーソン総督が初代大統領に就任した。 元英領のバルバ...

  • 仏当局、日本人女性に逮捕状 (11/30)

     パリの裁判所は30日までに、東京在住のフランス人男性(39)と日本人の妻の結婚生活破綻後、妻が子どもたちを連れ去って男性に会わせないのは略取容疑などに当たるとして、妻の逮捕状を出した。関係者が明らか...

  • 米軍、対中抑止で同盟強化へ (11/30)

     【ワシントン共同】米国防総省は29日、バイデン政権が進めていた米軍の世界的な態勢見直しを完了したと発表した。覇権主義的な動きを強める中国の軍事的侵略や、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を抑止するため、...

  • 建築家のルイ・オオタケ氏死去 (11/30)

     ルイ・オオタケ氏(日系ブラジル人建築家)ブラジルのメディアによると27日、サンパウロで死去、83歳。骨髄のがんを患っていた。 38年、サンパウロ生まれ。母は京都市生まれでブラジル国籍を取得した著名芸...

  • 仏下院が台湾支持決議 (11/30)

     【パリ共同】フランスの国民議会(下院)は29日、世界保健機関(WHO)など国際機関への台湾の参加を支持し、政府に対して実現に向けた外交努力を強化するよう求める決議案を賛成多数で可決した。上院は既に同...

 あなたにおすすめの記事