ニュース

米商務長官、初来日へ 鉄鋼関税協議、連携強化も

2021/11/8 11:27
 レモンド米商務長官(ロイター=共同)

 レモンド米商務長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米商務省は7日、レモンド長官が15日に東京を初めて訪問すると発表した。米通商代表部のタイ代表も同日に訪日予定。米国が日本から輸入する鉄鋼・アルミニウムに課している追加関税の問題などを協議するほか、中国へ対抗するための連携強化などを議論するとみられる。

 16、17日はシンガポール、18日にはマレーシアも訪問。レモンド長官は「同盟関係の再構築は米国の国際競争力強化に必要だ。協力することで、米経済はより強固になる」とコメントした。

 商務省は今回のアジア訪問での議題について、新型コロナによって目詰まりの起こっている供給網の回復などを挙げている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   3日(日本時間 5時) (12/3)

     5時現在           1ドル=             113円16銭〜          113円17銭    前日比  +0円10銭   1ユーロ=            127円84銭...

  • 為替相場   3日(日本時間 2時) (12/3)

     2時現在           1ドル=             113円09銭〜          113円10銭    前日比  +0円17銭   1ユーロ=            127円87銭...

  • NY株、反発 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比483・41ドル高の3万4505・45ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は56・59...

  • NY原油、一時62ドル台 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の2022年1月渡しが、一時1バレル=62ドル台まで下落した。約3カ月半ぶりの安値水準。 石油輸出国機構(O...

  • 産油国、増産計画を維持 (12/2)

     【ロンドン、ニューヨーク共同】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日に開いた閣僚級会合で、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると決めた。新型コロ...

 あなたにおすすめの記事