ニュース

「ハバナ症候群」米が本格調査 外交官ら被害200例

2021/11/8 16:08
 5日、米ワシントンの国務省で「ハバナ症候群」への対応を発表するブリンケン長官(AP=共同)

 5日、米ワシントンの国務省で「ハバナ症候群」への対応を発表するブリンケン長官(AP=共同)

 【ワシントン共同】世界各地の大使館などで働く米国の外交官らが「ハバナ症候群」と呼ばれる原因不明の健康被害を訴えている問題で、米国務省は8日までに対策チームを率いる高官2人を任命し、原因究明への調査を本格化させた。米メディアによると、被害は過去5年で200例を超えたとされ、ブリンケン長官は「全力で原因を突き止める」と表明した。

 2016年にキューバの首都ハバナ駐在の職員が健康被害を報告したのが最初で、頭痛や聴覚障害、めまいなどが起きるとされる。米国の専門家委員会が、マイクロ波などの「指向性パルス高周波エネルギー」が原因として最も妥当だとの見方を示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米ロ、ウクライナ巡り応酬 (12/3)

     【ワシントン、モスクワ共同】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は2日、スウェーデンのストックホルムで会談し、ロシア軍がウクライナ国境に部隊を展開している問題で応酬を繰り広げた。ブリンケン氏は...

  • ドイツのショルツ政権、8日発足 (12/3)

     【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院)は2日、メルケル首相の後継となる新首相の指名選挙を8日に行う予定だと発表した。第1党の中道左派、社会民主党(SPD)など3党の党首らは既にSPDのショルツ財務相...

  • 中国とアフリカ、連携確認 (12/2)

     【北京共同】中国外務省は2日、11月に開かれた中国とアフリカ53カ国による「中国アフリカ協力フォーラム」閣僚級会議で採択された文書を公表した。国際問題や新型コロナウイルスへの対応で連携することを確認...

  • テニス彭帥さんのニュース中断 (12/2)

     【北京共同】中国で2日夜、NHK海外放送のニュース番組が中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白した同国の女子テニス選手、彭帥さんの問題を伝えた際、放送が中断された。中国当局は国内で彭さんに関する...

  • 仏大統領選、出馬表明動画に規制 (12/2)

     【パリ共同】動画投稿サイト、ユーチューブは2日までに、フランスの極右評論家エリック・ゼムール氏が来年4月の同国大統領選への出馬を表明した動画について、暴力など視聴者を不快にさせる恐れのある内容が含ま...

 あなたにおすすめの記事