ニュース

「岸田首相に解決義務」 学術会議で任命拒否の教授

2021/11/8 18:10
 記者会見する岡田正則早稲田大教授(右)と小沢隆一東京慈恵医大教授=8日、東京・霞が関の司法記者クラブ

 記者会見する岡田正則早稲田大教授(右)と小沢隆一東京慈恵医大教授=8日、東京・霞が関の司法記者クラブ

 日本学術会議が推薦した会員候補6人を菅義偉前首相が任命拒否した問題で、6人のうち岡田正則早稲田大教授(行政法)と小沢隆一東京慈恵医大教授(憲法)が8日、東京都内で記者会見を開いた。岡田教授は「菅氏は人事に関わる案件だからとの理由で逃げ切った。政権を引き継いだ岸田文雄首相には解決する義務がある」と訴えた。

 6人と支持する弁護士らは、内閣府と内閣官房が拒否に関する情報を開示しないのは違法として、行政不服審査法に基づく審査請求を政府に申し立てている。

 小沢教授は「学術会議の自律性を無視したやり方が取られた経緯を公開すべきだ」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • G7、オミクロン対応で連携確認 (11/30)

     【ロンドン共同】日米欧の先進7カ国(G7)は29日、緊急の保健相会合をオンライン形式で開き、急速に拡大する新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への対応で連携して取り組んでいくことを確認す...

  • 英北部で新変異株が市中感染か (11/29)

     【ロンドン共同】英北部スコットランドのスタージョン行政府首相は29日、記者会見し、新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の感染例がグラスゴーなどで6件確認されたことを明らかにした。海外などへの最近...

  • WHO、新制度構築へ協議 (11/29)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は29日、感染症の世界的大流行(パンデミック)に備え、より効果的な対策を実施するための新条約締結や、国際的制度の構築について協議する特別総会を開いた。12月1...

  • 「極度の疲労」が特徴か (11/29)

     【ナイロビ共同】南アフリカで新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を診察した医師が29日までに英メディアの取材に応じ、これまでの新型コロナ患者とは異なり、極度の疲労を訴えていたことから...

  • 初診オンライン、恒久化へ (11/29)

     厚生労働省の有識者検討会は29日、新型コロナウイルス対応で特例的に認めている初診からのオンライン診療を恒久化する新指針案を大筋了承した。かかりつけ医による診療が原則。同省は今後、意見公募を経て年明け...

 あなたにおすすめの記事