ニュース

COP26の文書骨子案、判明 化石燃料廃止に言及せず

2021/11/9 0:24

 【グラスゴー共同】国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で各国が取りまとめる文書の骨子案の内容が8日、明らかになった。世界の気温上昇を1・5度に抑える重要性を盛り込んだが、化石燃料の廃止には言及しなかった。議長国の英国が提案したもので、今後の交渉のたたき台となる。

 文書に盛り込む要素として、「1・5度目標に向けた努力を続け、目標を維持することの重要性を強調する」ことや、現在の各国の取り組みと1・5度目標には「隔たりがあることを認識する」ことを挙げた。

 一方で、石炭や石油などの化石燃料の利用縮小については触れなかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 海洋放出、23年春「苦しい」 (12/2)

     原子力規制委員会の更田豊志委員長は2日、東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を2023年春ごろに開始するとの政府や東電の方針について「(目標達成には)かなり苦しい時期に来ている」との認識を示した。第...

  • 真鍋さん、幼い頃から気象に関心 (12/2)

     地球温暖化を予測する気候モデルを開発し、今年のノーベル物理学賞に決まった米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎さん(90)が日本時間7日未明、居住する米国でメダルなどの授与を受ける。幼い頃から知る元同...

  • 東京で11人感染、死者なし (12/2)

     東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに11人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は15人に微減し、前週比は98%。死者は確認されなかった。 感染者の累計は38...

  • WHO、日本の対応「理解困難」 (12/2)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株出現を受けて日本が導入した全世界を対象とする外国人入国禁止措置について「疫学的に原則...

  • ワクチン義務化検討を提案 (12/2)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は1日のブリュッセルでの記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の出現などを踏まえ「ワクチン接種の義務化について考え...

 あなたにおすすめの記事