ニュース

街角景気、2カ月連続改善 10月、コロナ感染者数減で

2021/11/9 15:49

 内閣府が9日発表した10月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比13・4ポイント上昇の55・5となり、2カ月連続で改善した。新型コロナウイルスの感染者数が減り、小売りや飲食分野で客足回復に期待が高まった。

 内閣府は調査結果について「新型コロナ感染症の影響は残るものの、緩やかに持ち直している」とまとめ、2カ月連続で判断を引き上げた。

 2、3カ月先の見通しを示す先行き判断指数は0・9ポイント上昇の57・5だった。

 調査期間は10月25〜31日。全国の1811人から有効回答を得た。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • LINEペイで二重払い発生 (11/28)

     通信アプリ大手LINE(ライン)の子会社が手掛けるプリペイドカード「LINEペイカード」で、買い物をした利用者が代金を二重に支払うトラブルが約2万5千件発生したことが27日、分かった。システム障害が...

  • イニエスタ選手に注意 (11/27)

     【パリ共同】スペイン証券取引委員会は27日までに、サッカーの元スペイン代表でJリーグ神戸のアンドレス・イニエスタ選手がツイッターで大手暗号資産(仮想通貨)取引所の宣伝とみられる投稿をしたことに対し、...

  • 鹿児島空港に自動草刈り機納入 (11/27)

     ヤンマーホールディングス傘下のヤンマーアグリジャパン(大阪市)は、空港内の緑地を整備する自動草刈り機2台を鹿児島空港(鹿児島県霧島市)に納入した。作業者不足の解消に向けた国の取り組みの一環で、鹿児島...

  • JR四国、冬のボーナス最低に (11/27)

     JR四国は27日までに、冬のボーナスに当たる年末手当を基準内賃金の1・21カ月分とすることで労働組合と妥結した。新型コロナウイルス流行の影響が長期化する中、1987年の民営化後で最低だった前年冬の1...

  • WTO閣僚会議、無期限延期 (11/27)

     【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は27日、スイス西部ジュネーブで30日から予定していた閣僚会議の無期限延期を決定したと発表した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への対応で、同株が...

 あなたにおすすめの記事