ニュース

新幹線と在来線、来春減便 コロナ禍でJR東

2021/11/9 16:37
 走行する東北新幹線=2月、仙台市内

 走行する東北新幹線=2月、仙台市内

 JR東日本の深沢祐二社長は9日の定例記者会見で、新型コロナウイルス禍での乗客減少を踏まえ「来年春のダイヤ改正で、新幹線、在来線ともに、運行本数や1編成当たりの車両数を減らすなどのコスト削減を実施する」と明らかにした。首都圏の路線も過度な混雑にならない範囲で対象とし、需要が回復したら臨時列車を出すこともあり得ると説明した。

 深沢社長は「来春のダイヤ改正でローカル線の廃止は考えていない」と述べたほか、今春に実施した大規模な終電繰り上げを再び行うかどうかは「一部路線で終電を見直すが、今春ほど大きくは変わらない」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 10月、景気指数4カ月ぶり改善 (12/7)

     内閣府が7日発表した10月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比1・2ポイント上昇の89・9となり、4カ月ぶりに改善した。基調判断は「足踏み」で維持した...

  • 東京円、113円台後半 (12/7)

     7日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台後半で取引された。 午後5時現在は前日比49銭円安ドル高の1ドル=113円63〜65銭。ユーロは71銭円安ユーロ高の1ユーロ=128円28〜32銭。...

  • 為替相場   7日(日本時間18時) (12/7)

    18時現在           1ドル=             113円70銭〜          113円71銭    前日比  −0円56銭   1ユーロ=            128円17銭...

  • マグロ15%増枠、正式決定 (12/7)

     太平洋クロマグロの資源管理を議論する国際会議は7日閉幕し、2022年から日本近海を含む中西部太平洋海域で、大型魚(30キロ以上)の漁獲枠を21年比で15%増やすことを正式決定した。今年はこれまで2回...

  • 中国恒大、事実上デフォルト状態 (12/7)

     【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は7日、米ドル建て社債の計8249万ドル(約93億円)の利払い期限を迎えた。ロイター通信は複数の投資家が利払いを受けられなかったと報じ、恒...

 あなたにおすすめの記事