ニュース

セシウム、北回りでも回帰 福島事故、北極海に到達も

2021/11/9 19:02

 2011年の東京電力福島第1原発事故で、海洋に流出するなどした放射性物質セシウム137が米西海岸到達後に一部が北上、太平洋最北部のベーリング海を経由し約7〜8年後に日本の東北沿岸に戻ったとの研究結果を、筑波大の青山道夫客員教授が9日までに福島大主催の国際シンポジウムで発表した。

 17年にはベーリング海と、ベーリング海峡を越えた北極海の縁海のチュクチ海で、同原発事故起源のセシウム137が検出されている。検出量は微量で基準値を大幅に下回るが、青山氏は「動きから考えて既に北の北極海にも広がったと考えられる」としている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 真鍋さん、幼い頃から気象に関心 (12/2)

     地球温暖化を予測する気候モデルを開発し、今年のノーベル物理学賞に決まった米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎さん(90)が日本時間7日未明、居住する米国でメダルなどの授与を受ける。幼い頃から知る元同...

  • 東京で11人感染、死者なし (12/2)

     東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに11人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は15人に微減し、前週比は98%。死者は確認されなかった。 感染者の累計は38...

  • WHO、日本の対応「理解困難」 (12/2)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株出現を受けて日本が導入した全世界を対象とする外国人入国禁止措置について「疫学的に原則...

  • ワクチン義務化検討を提案 (12/2)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は1日のブリュッセルでの記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の出現などを踏まえ「ワクチン接種の義務化について考え...

  • 渡航制限「懲罰的」と批判 (12/2)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株を理由にアフリカ南部などからの渡航を制限する国が相次いでいることについて「特定の国や地域を孤...

 あなたにおすすめの記事