ニュース

仏大統領「原発再び推進」表明 国内建設、20年ぶり開始か

2021/11/10 10:05
 9日、記者会見に臨むフランスのマクロン大統領=パリ(ロイター=共同)

 9日、記者会見に臨むフランスのマクロン大統領=パリ(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は9日のテレビ演説で、自国のエネルギーの独立性を維持し、気候変動対策の目標を達成するため「国内で原発建設を再び推進する」と表明した。56基が稼働するフランスでは2007年に建設を開始した原子炉が最新例。フィガロ紙によると政府が年内に発注すれば、20年ぶりとなる27年にも建設工事が始まるとされる。

 演説では詳細に触れなかったが、政府やフランス電力は、新型の欧州加圧水型原子炉(EPR)を6基増設する計画を検討している。小型原子炉開発にも取り組む。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • G7、オミクロン対応で連携確認 (11/30)

     【ロンドン共同】日米欧の先進7カ国(G7)は29日、緊急の保健相会合をオンライン形式で開き、急速に拡大する新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への対応で連携して取り組んでいくことを確認す...

  • 英北部で新変異株が市中感染か (11/29)

     【ロンドン共同】英北部スコットランドのスタージョン行政府首相は29日、記者会見し、新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の感染例がグラスゴーなどで6件確認されたことを明らかにした。海外などへの最近...

  • WHO、新制度構築へ協議 (11/29)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は29日、感染症の世界的大流行(パンデミック)に備え、より効果的な対策を実施するための新条約締結や、国際的制度の構築について協議する特別総会を開いた。12月1...

  • 「極度の疲労」が特徴か (11/29)

     【ナイロビ共同】南アフリカで新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を診察した医師が29日までに英メディアの取材に応じ、これまでの新型コロナ患者とは異なり、極度の疲労を訴えていたことから...

  • 初診オンライン、恒久化へ (11/29)

     厚生労働省の有識者検討会は29日、新型コロナウイルス対応で特例的に認めている初診からのオンライン診療を恒久化する新指針案を大筋了承した。かかりつけ医による診療が原則。同省は今後、意見公募を経て年明け...

 あなたにおすすめの記事