ニュース

東京円、112円台後半 

2021/11/10 10:17

 10日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=112円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比02銭円安ドル高の1ドル=112円86〜87銭。ユーロは01銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円83〜87銭。

 前日に約1カ月ぶりの円高ドル安水準を付けたことから、円を売って割安感のあるドルを買おうとする動きがやや優勢となった。一方、米長期金利の低下を受け、日米の金利差縮小を見込んだ円買いドル売りもあった。

 市場では「目立った取引材料に乏しく、大きな値動きは期待しにくい」(外為ブローカー)との声があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証、181円安 (12/2)

     2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比181円73銭安の2万7753円89銭だった。

  • 東京株式  2日09時15分  (12/2)

    <225種>          27753円89銭      前日比 −181円73銭  <TOPIX>         1928.03        前日比 −08.71    

  • 為替相場   2日(日本時間 9時) (12/2)

     9時現在           1ドル=             112円88銭〜          112円89銭    前日比  +0円53銭   1ユーロ=            127円77銭...

  • ナスダック  1日終値     (12/2)

    <ナスダック>          15254.05       前日比 −283.64  

  • NY原油続落、65ドル台 (12/2)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の来年1月渡しが前日比0・61ドル安の1バレル=65・57ドルと今年8月以来、約3カ月半ぶりの安値で取引を終...

 あなたにおすすめの記事