ニュース

生活保護申請、10%増 8月、新型コロナ影響か

2021/11/10 11:22

 厚生労働省は10日、8月の生活保護申請は1万9202件で、前年同月と比べ10・0%増えたと発表した。8月は新型コロナウイルスの感染が急拡大したため、雇用悪化の影響を受けたとみられる。比較可能な2013年4月以降で3番目の伸び率となった。前年同月からの増加は4カ月連続。

 8月から生活保護を受け始めたのは1万6139世帯で前年同月比9・3%増。全体の受給者数は203万7800人で、0・6%減った。受給世帯数は164万648世帯。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 歌舞伎町暴行死疑い男を指名手配 (12/2)

     東京・歌舞伎町のビル屋上で男性を死なせたとする傷害致死容疑で男ら3人が逮捕された事件で、警視庁は2日までに、同容疑で新たに住所、職業不詳亀谷蒼容疑者(24)の逮捕状を取って全国に指名手配し、顔写真を...

  • 「ウェブ会議」で家事調停を試行 (12/2)

     最高裁は、離婚や相続など、家庭のトラブルを話し合いで解決する家事調停で、裁判所に行かなくてもパソコンなどを使って参加できる「ウェブ会議」を試行する。東京、名古屋、大阪、福岡の各家裁本庁で12月中旬以...

  • 野宿者立ち退き命じる、大阪地裁 (12/2)

     大阪市西成区のあいりん地区にあり、2019年4月に閉鎖された複合施設「あいりん総合センター」の敷地で生活する野宿者ら22人に対し、土地を所有する大阪府が立ち退きを求めた訴訟で、大阪地裁は2日、府の請...

  • 伯父「両親に苦痛与えるため」 (12/2)

     兵庫県稲美町で小学生兄弟が死亡した住宅火災で、殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕された同居の伯父で無職松尾留与容疑者(51)が、兄弟の両親から食事や住宅内の移動、入浴など生活を制約されたと思い込み、...

  • 職場の腕相撲大会で骨折は労災 (12/2)

     サクランボ収穫を間近に控えた職場の決起集会で開かれた腕相撲大会に参加し、骨折したのは業務上の負傷に当たるとして、山形県西川町の男性が療養補償などを不支給とした処分の取り消しを国に求めた訴訟の控訴審判...

 あなたにおすすめの記事