ニュース

日本産メロン、米国への輸出解禁 農水省、拡大に弾み

2021/11/10 16:38

 農林水産省は10日、日本産メロンの米国向け輸出が解禁されたと発表した。果実を腐敗させるウイルスの侵入を警戒する米国が輸入を認めていなかったが、輸出時の検査を徹底するなど植物検疫条件で合意し、8日付で可能となった。近年拡大する日本産メロンの輸出に弾みがつきそうだ。

 メロンの2020年の輸出は941トンの計8億円で、約9割を香港向けが占める。農林水産物・食品の輸出拡大に向けて政府が重点品目に設定するリンゴやブドウ、イチゴより規模は小さいものの、数量は19年比で49・5%増加した。解禁を受け農水省は、今後1年間で300万円程度の米国への輸出を見込んでいる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   6日(日本時間 7時) (12/6)

     7時現在           1ドル=             112円80銭〜          112円83銭    前日比  +0円57銭   1ユーロ=            127円65銭...

  • 為替相場   4日(日本時間 7時) (12/6)

     7時現在           1ドル=             112円80銭〜          112円83銭    前日比  +0円57銭   1ユーロ=            127円63銭...

  • 日産、レース車「Z」公開 (12/5)

     日産自動車は5日、市販車を改造したレーシングカーで競う自動車レース「スーパーGT」に2022年から参戦する「ニッサン Z GT500」を富士スピードウェイ(静岡県小山町)で公開した。ベースとなる新型...

  • 免税購入、留学生を除外へ (12/5)

     政府、与党は5日、訪日外国人向けの消費税免税制度について、外国人留学生ら長期滞在者を対象から除外する方針を固めた。これまで入国から半年間は免税による購入を認めていたが、対象者かどうかの確認作業が煩雑...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

 あなたにおすすめの記事