ニュース

中国10月の新車販売9%減 半導体不足、下落率は縮小

2021/11/10 17:50

 【北京共同】中国自動車工業協会が10日発表した10月の新車販売台数は、前年同月比9・4%減の233万3千台だった。世界的な半導体不足が長引いており、各地の停電も生産を押し下げた。前年実績を6カ月連続で下回った。

 ただ下落率は前月の19・6%から半減。新型コロナウイルス流行前の2019年10月の台数は上回り、回復の兆しも見え始めた。

 内訳を見ると、乗用車が5・0%減の200万7千台。うちセダンは2・6%減の水準にまで回復した。商用車は新たな排ガス規制も重なり、29・7%減と苦戦した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 中国恒大、事実上デフォルト状態 (12/7)

     【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は7日、米ドル建て社債の計8249万ドル(約93億円)の利払い期限を迎えた。ロイター通信は複数の投資家が利払いを受けられなかったと報じ、恒...

  • 関西スーパーの統合認める (12/7)

     関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループの経営統合を差し止めた神戸地裁の仮処分について、大阪高裁(植屋伸一裁判長)は7日、関西スーパーの抗告を認めて仮処分決定を取り消...

  • 「Gショックケータイ」が復活 (12/7)

     KDDI(au)は、衝撃に強い腕時計を連想させるデザインで、「Gショックケータイ」として親しまれた携帯電話「ジーズワン」シリーズを9年ぶりに復活させる。第3世代(3G)回線のサービスが来年3月末に終...

  • 為替相場   7日(日本時間16時) (12/7)

    16時現在           1ドル=             113円71銭〜          113円72銭    前日比  −0円57銭   1ユーロ=            128円43銭...

  • 東証大幅反発、終値528円高 (12/7)

     7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。終値は前日比528円23銭高の2万8455円60銭だった。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への警戒感がいったん和らぎ、全面高の...

 あなたにおすすめの記事