ニュース

米、対中抑止で日本と連携重視 中国は関係安定を期待

2021/11/10 18:53

 【ワシントン、北京、ソウル共同】米国は10日の第2次岸田内閣発足を歓迎している。台湾周辺や東・南シナ海で威圧的に振る舞う中国を抑止し、「ルールに基づく国際秩序」を守り抜く上で連携を重視。中国は日本との関係を安定させたい考えで対中政策を見極めて対応する構え。外相に起用された林芳正氏に各国の注目が集まった。

 米国は上下両議員の下で働いた林氏の登用や、人権を外交政策の中心に据えたバイデン政権に共鳴するような人権問題担当の首相補佐官新設を評価。

 中国外務省の汪文斌副報道局長は10日の記者会見で「新時代の要求に見合った中日関係の構築を共に推進したい」と呼び掛けた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米ロ、ウクライナ巡り応酬 (12/2)

     【ワシントン、モスクワ共同】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は2日、スウェーデンのストックホルムで会談し、ロシア軍がウクライナ国境に部隊を展開している問題で応酬を繰り広げた。ブリンケン氏は...

  • テニス彭帥さんのニュース中断 (12/2)

     【北京共同】中国で2日夜、NHK海外放送のニュース番組が中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白した同国の女子テニス選手、彭帥さんの問題を伝えた際、放送が中断された。中国当局は国内で彭さんに関する...

  • 仏大統領選、出馬表明動画に規制 (12/2)

     【パリ共同】動画投稿サイト、ユーチューブは2日までに、フランスの極右評論家エリック・ゼムール氏が来年4月の同国大統領選への出馬を表明した動画について、暴力など視聴者を不快にさせる恐れのある内容が含ま...

  • イラン、全制裁の解除を米に要求 (12/2)

     【ウィーン共同】イランのバゲリ外務次官は2日、イラン核合意の再建に向けた米国とのウィーンでの間接協議で、合意文書の草案を提出したと記者団に表明した。イラン外交筋は、草案には米国が科した革命防衛隊関係...

  • クルツ前首相、政界引退を表明 (12/2)

     【ウィーン共同】オーストリアのクルツ前首相は2日、声明を発表し、政界から引退する意向を表明した。クルツ氏は欧州政界で若手政治家のホープとして注目されていたが、公金の不正支出疑惑に絡み捜査対象となった...

 あなたにおすすめの記事