ニュース

ビール類販売、4社とも増加 10月、業務用が回復傾向

2021/11/11 12:06
 緊急事態宣言が解除された名古屋市内のバーで、グラスに注がれるビール=10月1日午後

 緊急事態宣言が解除された名古屋市内のバーで、グラスに注がれるビール=10月1日午後

 ビール大手4社の10月のビール類販売実績が11日に出そろい、全社が前年を上回った。新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言が9月末をもって全面解除され、業務用の出荷が回復しつつあるのが主な要因。昨年10月の増税時に落ち込んだ第三のビールも、前年に比べて伸びた。

 ビール、発泡酒、第三のビールを合わせたビール類の販売数量はサントリービールが前年同月比14%増、サッポロビールが8%増、キリンビールが1%増だった。アサヒビールは、売上金額ベースで9%増えた。

 前年を上回ったのはキリンが3カ月ぶりで、他の3社は6カ月ぶり。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ナスダック  3日終値     (12/4)

    <ナスダック>          15085.47       前日比 −295.85  

  • NY円、112円後半 (12/4)

     【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比35銭円高ドル安の1ドル=112円80〜90銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1305〜15ドル、127円58〜68銭...

  • 中国恒大に政府作業チーム (12/4)

     【北京共同】中国広東省政府は3日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の中核子会社に、経営正常化に向けた政府の作業チームを派遣すると発表した。同日、恒大トップの許家印主席を呼び出して事情...

  • NY株反落、59ドル安 (12/4)

     【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比59・71ドル安の3万4580・08ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の流行を懸...

  • NY株式   3日終値     (12/4)

    <ダウ工業30種平均>      34580.08       前日比  −59.71  

 あなたにおすすめの記事