ニュース

東証反発、終値は171円高 恒大集団の利払い実施で安心感

2021/11/11 15:37

 11日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比171円08銭高の2万9277円86銭。中国の不動産大手、中国恒大集団が米ドル建て債の利払いを実施したと伝わり、ひとまず投資家に安心感が広がった。好決算を発表した銘柄も値を上げて相場を支えた。

 東証株価指数(TOPIX)は6・34ポイント高の2014・30。出来高は約11億9千万株だった。

 経営危機に陥っている恒大集団を巡っては、米通信社が利払いの実施を報じたことで、デフォルト(債務不履行)の危機を瀬戸際で回避したと受け止められた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日本車4社、米販売23%減 (12/2)

     【ニューヨーク共同】日本の自動車大手4社が1日発表した11月の米新車販売台数は計29万2295台と、前年同月から23・1%減った。半導体不足による新車供給の制約が続き、4社全てが前年実績を割り込んだ...

  • NY株式   1日終値     (12/2)

    <ダウ工業30種平均>      34022.04       前日比 −461.68  

  • NY株続落、461ドル安 (12/2)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比461・68ドル安の3万4022・04ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡...

  • 為替相場   2日(日本時間 6時) (12/2)

     6時現在           1ドル=             112円82銭〜          112円83銭    前日比  +0円59銭   1ユーロ=            127円61銭...

  • 米経済「緩やかに成長」 (12/2)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日公表した全国12地区連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)で、米経済が「大半の地区で小幅から緩やかなペースで成長した」との景気判断を維持し...

 あなたにおすすめの記事