ニュース

日航ボーナス、0・15カ月分 今冬、再上場後で最低

2021/11/11 15:40
 羽田空港に駐機する日本航空の機体

 羽田空港に駐機する日本航空の機体

 日本航空は11日、今冬のボーナスに相当する一時金を基本給の0・15カ月分とする方針を労働組合に示した。新型コロナウイルス禍による業績低迷が響き、経営破綻を経て2012年に再上場して以来最低となる。

 基本給が低い若手らに配慮した生活支援のための特別手当は、1人当たり最大10万円を提案。ボーナスの大幅カットや乗務手当の減少が続いており、社員の生活を守るためには一定の水準が必要と判断した。

 全日本空輸は既に夏冬の年間一時金支給を見送ることで労使が合意。中堅航空会社スカイマークも今冬の一時金の支給を見送る。

 日航の今夏のボーナスは0・3カ月分だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   3日(日本時間 1時) (12/3)

     1時現在           1ドル=             112円96銭〜          112円97銭    前日比  +0円30銭   1ユーロ=            127円84銭...

  • NY株、反発 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比483・41ドル高の3万4505・45ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は56・59...

  • NY原油、一時62ドル台 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の2022年1月渡しが、一時1バレル=62ドル台まで下落した。約3カ月半ぶりの安値水準。 石油輸出国機構(O...

  • 産油国、増産計画を維持 (12/2)

     【ロンドン、ニューヨーク共同】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日に開いた閣僚級会合で、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると決めた。新型コロ...

  • 米失業保険申請22万2千件 (12/2)

     【ワシントン共同】米労働省が2日発表した11月27日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、改定後の前週と比べて2万8千件増の22万2千件と2週ぶりに増えた。比較対象の前週は19万4千件(...

 あなたにおすすめの記事