ニュース

盛り土対応、職員30人聴取へ 静岡県、15日から退職者も

2021/11/11 16:33

 静岡県熱海市の大規模土石流で、起点で不適切な盛り土をしたとされる土地所有者への対応の妥当性を検証している県が、退職者も含めた県職員30人程度から聞き取りを行う方針であることが11日、分かった。聴取は15日から始め、結果は12月に設置する第三者委員会の検証に生かされる見通し。

 難波喬司副知事が共同通信の取材に明らかにした。難波氏によると、30人は起点の現旧所有者や熱海市とやりとりした職員とOB。盛り土が崩落する危険を認識していたかどうかなどを聞き取る。

 土石流は7月3日に発生。26人が死亡し、1人が行方不明のまま。県警は現旧所有者への強制捜査に乗り出した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 25年万博曲に「コブクロ」 (11/27)

     日本国際博覧会協会などは、2025年大阪・関西万博のテーマソングを、万博の公式アンバサダーを務める男性デュオ「コブクロ」に依頼する方向で最終調整に入った。関係者が27日、明らかにした。万博の認知度が...

  • ヒロシマの若者が平和発信 (11/27)

     広島の若者が企画・運営するイベント「ピース・ナイト・ヒロシマ」が27日、平和記念公園で開かれた。独自に作成した平和宣言を広島市長に手渡すなど、平和へのメッセージを発信した。 イベントでは被爆者が当時...

  • 大学生が被害者支援のアニメ制作 (11/27)

     埼玉県川越市の尚美学園大でアニメーションなどを専攻する学生が、県警の依頼を受け、犯罪被害者の苦しみや周囲の支えの大切さを伝える18分間のアニメを制作、27日に越谷市の商業施設で試写会を開いた。アニメ...

  • 「中村さんの姿、今も」 (11/27)

     アフガニスタンで2019年12月、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の現地代表中村哲さん=当時(73)=が殺害されてから2年となるのを前に、市内で27日、追悼会が開かれた。参加者が黙とう...

  • 犯罪被害者家族が講演、広島 (11/27)

     犯罪の被害者や残された家族に必要な支援の在り方などを知ってもらおうと、広島被害者支援センターは27日、広島市で講演会を開いた。2004年10月、広島県廿日市市の自宅で長女=当時(17)=を殺害された...

 あなたにおすすめの記事