ニュース

iPS、がん免疫治療の治験開始 遺伝子改変、標的狙い撃ち

2021/11/11 19:25
 iPS細胞から作った免疫細胞によるがん治療のイメージ

 iPS細胞から作った免疫細胞によるがん治療のイメージ

 京都大iPS細胞研究所と国立がん研究センター東病院は11日、遺伝子を改変してがんを狙って攻撃する能力を高めた免疫細胞「NK細胞」を人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作り、卵巣がんがおなかの中に広がり、抗がん剤が効かなくなった患者に投与する臨床試験(治験)を始めたと発表。

 9月に1例目となる50代の女性患者への投与を終えた。現時点では重い副作用は確認されていない。今回の治験は初期段階で、最大18人が参加。安全性を確認するのが主な目的で、期間は2024年3月までを予定。チームは、数年以内の実用化を目指す。

 さまざまながんの治療に応用できる可能性がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ビオンテック、変異株対応に自信 (12/4)

     【ベルリン共同】ドイツのバイオ企業ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は3日、米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、比較的短期間で新変異株オミクロン株に対応した形...

  • チュニジアで新変異株 (12/4)

     【カイロ共同】チュニジアの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を初めて確認したと発表した。国営TAP通信が伝えた。感染者は、アフリカ南部の国からトルコ最大都市イスタン...

  • メキシコでも「オミクロン株」 (12/4)

     【ロサンゼルス共同】メキシコの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人が同国で初めて確認されたと明らかにした。南アフリカ出身の男性(51)で、症状は軽いという。中南米...

  • 豪、オミクロン株が市中感染 (12/3)

     【シドニー共同】オーストラリアの主要都市シドニーの児童3人が新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株に感染していることが3日分かった。AAP通信が地元当局者の話として伝えた。3人のうち少なくとも...

  • 南アで「過去にない急増」 (12/3)

     【ナイロビ共同】南アフリカのパーヒュラ保健相は3日の電話記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」によって同国では「過去の感染の波では見られなかったペースで感染者数が急増している」と述...

 あなたにおすすめの記事