ニュース

EU、コロナ抗体薬2種承認勧告 再拡大の欧州各国で期待

2021/11/12 9:22

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は11日、新型コロナウイルスの抗体治療薬2種類の承認を勧告したと発表した。今後、EU欧州委員会が承認する見通し。コロナが再拡大する欧州各国で期待を集めそうだ。

 一つは抗体カクテル療法に使う治療薬「ロナプリーブ」で、スイス製薬大手ロシュと米製薬企業リジェネロンが開発。日本でも厚生労働省が5日、濃厚接触者らに対し発症予防のために投与することを特例承認した。

 もう一つは、韓国製薬企業セルトリオンが開発した「レッキロナ」。ロナプリーブは12歳以上、レッキロナは成人が対象。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ノルウェーで50人感染疑い (12/3)

     【ロンドン共同】ノルウェーと首都オスロの当局は2日、オスロで新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人を確認したと発表した。一緒にクリスマスパーティーに参加した50人以上が新型コロナの...

  • オミクロン株「多くが再感染」 (12/2)

     【ナイロビ共同】南アフリカ国立伝染病研究所の専門家は2日、同国の新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への感染者の多くは、過去に新型コロナに感染していたと説明し、「感染経験があってもオミクロン...

  • フィンランドでもオミクロン株 (12/2)

     【ロンドン共同】フィンランド保健当局は2日、スウェーデンから入国した1人が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染していることを確認したと発表した。一緒に入国したグループの中にも症状を示す...

  • シンガポールで「オミクロン株」 (12/2)

     【シンガポール共同】シンガポール政府は2日、南アフリカからの渡航客2人が空港の検査で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」で陽性反応を示したと発表した。シンガポールで新変異株の感染判明は初め...

  • インドで「オミクロン株」初確認 (12/2)

     【ニューデリー共同】インド政府は2日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者2人を国内で初めて確認したと発表した。南部カルナタカ州で見つかったという。

 あなたにおすすめの記事