ニュース

米、アフガンに利益代表 カタールと合意、対話窓口

2021/11/13 0:45

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官と中東カタールのムハンマド副首相兼外相は12日、国務省で会談し、カタールの在アフガニスタン大使館が米国の利益代表を務める合意文書に署名した。米国とアフガンのイスラム主義組織タリバン暫定政権の対話窓口となるとみられる。

 米政府は8月末のアフガン駐留米軍の撤退に伴い、在アフガンの大使館機能をカタールに移転させ、現地での外交の足場がない状態が続いている。利益代表を通じ、タリバンにテロ対策や人権擁護を働き掛ける狙いがあるとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • タリバン、女性尊重を命令 (12/4)

     【イスラマバード共同】アフガニスタンで暫定政権を樹立したイスラム主義組織タリバンは3日、アフガン国民が女性の意思を尊重し結婚を強要しないよう周知するために、政府の各機関に対応の徹底を命じた。アフガン...

  • G7声明、インフラ支援の5原則 (12/4)

     先進7カ国(G7)は3日、発展途上国のインフラ整備支援に関する5原則をまとめた首脳声明を発表した。6月の首脳会議で合意した新構想を具体化したもので、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する。 「国...

  • 核実験被ばく者補償の拡大を (12/4)

     【ロサンゼルス共同】冷戦期の米国による大気圏内核実験に伴いがんを患うなどした住民らが対象の「放射線被ばく補償法」の来年7月の期限切れを前に、米上院議員らが超党派で延長と補償対象拡大に向けて法改正の動...

  • 米乱射、男子生徒の両親も訴追 (12/4)

     【ニューヨーク共同】米中西部ミシガン州オックスフォードの高校で男子生徒(15)=第1級殺人などの疑いで訴追=が拳銃を乱射、4人が射殺された事件で、地元検察当局は3日、「悲劇に加担した者に責任を取らせ...

  • 国連、北京五輪で休戦決議 (12/4)

     【ニューヨーク共同】国連総会本会議は3日までに、来年2〜3月に開かれる北京冬季五輪・パラリンピックに合わせた休戦を加盟国に求める中国提出の決議案を、議場の総意により無投票で採択した。173カ国が共同...

 あなたにおすすめの記事