ニュース

量子計算、高効率の新回路 東大開発、実用化へ一歩

2021/11/13 5:20
 東京大が開発した量子コンピューターの回路=12日午後、東京都文京区

 東京大が開発した量子コンピューターの回路=12日午後、東京都文京区

 東京大のチームが、膨大な計算を瞬時にこなす量子コンピューターを最小限の装置で作るのに必要な回路を開発したと、12日付の米科学誌電子版に発表した。回路は量子コンピューターの心臓部に当たり、今回のものはさまざまな種類の計算を一つの回路で実行できる効率の良さが特長。実用化に向けた一歩となる。

 チームの武田俊太郎准教授(量子光学)は「原理的には、一つの回路で複数の計算を何回も繰り返し実行できる。万能で汎用性がある量子コンピューターの実現につなげたい」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • WHO、日本の対応「理解困難」 (12/2)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株出現を受けて日本が導入した全世界を対象とする外国人入国禁止措置について「疫学的に原則...

  • ワクチン義務化検討を提案 (12/2)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は1日のブリュッセルでの記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の出現などを踏まえ「ワクチン接種の義務化について考え...

  • 渡航制限「懲罰的」と批判 (12/2)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株を理由にアフリカ南部などからの渡航を制限する国が相次いでいることについて「特定の国や地域を孤...

  • 米、オミクロン株感染初確認 (12/2)

     【ワシントン共同】米政府は1日、米国内で新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の感染者が初めて確認されたと発表した。感染者は南アフリカから11月22日に帰国し、西部カリフォルニア州で自己隔離し...

  • 外交官同乗者、1都6県に (12/1)

     新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への感染が国内で初めて確認された外交官と同じ航空機に乗り、濃厚接触者とされた70人は少なくとも1都6県にいることが1日、分かった。各自治体は警戒を強め、宿泊...

 あなたにおすすめの記事