ニュース

手足口病、季節外れの流行 新型コロナも影響か

2021/11/13 8:44
 手足口病の報告数の推移

 手足口病の報告数の推移

 夏に乳幼児で流行することが多い手足口病とヘルパンギーナの感染者の報告が西日本を中心に季節外れの高水準となっている。国立感染症研究所によると、8月中旬ごろから報告者数がじわじわ増え、10月25〜31日の1医療機関当たりの報告者数は手足口病が1・5人、ヘルパンギーナが0・6人と過去5年間の同期で比べて今年は多い。

 新型コロナウイルス対策の徹底で、これらの感染症の患者が減り、十分な免疫を獲得していない子どもが多い可能性がある。大阪府済生会中津病院の安井良則感染管理室長(感染症疫学)は「感染経験のない人が増えると一気に広がることがある」と注意を呼び掛けている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 米、2例目のオミクロン株 (12/3)

     【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は2日、中西部ミネソタ州で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の国内2例目の感染者が確認されたと発表した。11月19〜21日に東部ニューヨーク...

  • ノルウェーで50人感染疑い (12/3)

     【ロンドン共同】ノルウェーと首都オスロの当局は2日、オスロで新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人を確認したと発表した。一緒にクリスマスパーティーに参加した50人以上が新型コロナの...

  • オミクロン株「多くが再感染」 (12/2)

     【ナイロビ共同】南アフリカ国立伝染病研究所の専門家は2日、同国の新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への感染者の多くは、過去に新型コロナに感染していたと説明し、「感染経験があってもオミクロン...

  • フィンランドでもオミクロン株 (12/2)

     【ロンドン共同】フィンランド保健当局は2日、スウェーデンから入国した1人が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染していることを確認したと発表した。一緒に入国したグループの中にも症状を示す...

  • シンガポールで「オミクロン株」 (12/2)

     【シンガポール共同】シンガポール政府は2日、南アフリカからの渡航客2人が空港の検査で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」で陽性反応を示したと発表した。シンガポールで新変異株の感染判明は初め...

 あなたにおすすめの記事