ニュース

子ウミガメの体内に大量の軽石 沖縄、「噴火・漂流」を誤食か

2021/11/13 15:54
 保護された後に死んだアオウミガメの子どものCT画像。体内に大量の軽石があるのが確認された(沖縄美ら島財団総合研究センター提供)

 保護された後に死んだアオウミガメの子どものCT画像。体内に大量の軽石があるのが確認された(沖縄美ら島財団総合研究センター提供)

 沖縄県の海岸で保護され、後に死んだ子ウミガメの体内から大量の軽石が見つかったことが13日、沖縄美ら島財団への取材で分かった。財団は小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で発生し、漂流していた軽石を誤食したとみている。

 財団によると、絶滅危惧種のアオウミガメで死因は不明。北谷町の砂浜で11日に弱った状態で見つかり、沖縄美ら海水族館が保護。翌12日に死んだ。CTスキャンで腸などに大量の軽石があるのを確認した。

 同財団総合研究センター動物研究室の河津勲博士(生態学)は「小さなカメなので、腸管から排便として抜けなかったのではないか」と話した。


この記事の写真

  •  沖縄県北谷町の砂浜で保護されたアオウミガメの子ども=11日(沖縄美ら島財団総合研究センター提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ビオンテック、変異株対応に自信 (12/4)

     【ベルリン共同】ドイツのバイオ企業ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は3日、米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、比較的短期間で新変異株オミクロン株に対応した形...

  • チュニジアで新変異株 (12/4)

     【カイロ共同】チュニジアの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を初めて確認したと発表した。国営TAP通信が伝えた。感染者は、アフリカ南部の国からトルコ最大都市イスタン...

  • メキシコでも「オミクロン株」 (12/4)

     【ロサンゼルス共同】メキシコの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人が同国で初めて確認されたと明らかにした。南アフリカ出身の男性(51)で、症状は軽いという。中南米...

  • 豪、オミクロン株が市中感染 (12/3)

     【シドニー共同】オーストラリアの主要都市シドニーの児童3人が新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株に感染していることが3日分かった。AAP通信が地元当局者の話として伝えた。3人のうち少なくとも...

  • 南アで「過去にない急増」 (12/3)

     【ナイロビ共同】南アフリカのパーヒュラ保健相は3日の電話記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」によって同国では「過去の感染の波では見られなかったペースで感染者数が急増している」と述...

 あなたにおすすめの記事