ニュース

就農者に1千万円の一括支援 初期負担軽く、担い手育成

2021/11/13 17:50
 新規就農者の主な支援策

 新規就農者の主な支援策

 農林水産省が2022年度に、将来の農業の担い手となる49歳以下の新規就農者を育成する支援策を刷新することが13日分かった。機械やトラックなど初期投資の負担を減らすため、最大1千万円を一括支援するほか、就農者を指導する農業法人などへの助成期間を従来の最長2年から5年に延ばす。農業者が減少する中、就農者の経営の安定化や長期定着を後押しする。

 現行制度では、市町村から就農計画の認定を受けると、1〜3年目に年150万円、4〜5年目に年120万円の最大690万円の支援がある。

 農水省幹部は、現行制度に「就農者から初期投資に十分対応できないとの声があった」と話す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  30日(日本時間 2時) (11/30)

     2時現在           1ドル=             113円76銭〜          113円77銭    前日比  −0円20銭   1ユーロ=            128円09銭...

  • ツイッターCEO退任か (11/30)

     【ニューヨーク共同】米短文投稿サイト、ツイッターの創業者であるジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が近く退任する見込みであることが29日明らかになった。米CNBCテレビなど複数のメディアが報じ...

  • NY株、一時300ドル高 (11/30)

     【ニューヨーク共同】週明け29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、前週末終値と比べた上げ幅が一時300ドルを超えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への懸...

  • NY円、113円後半 (11/29)

     【ニューヨーク共同】週明け29日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比12銭円安ドル高の1ドル=113円56〜66銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1272〜82ドル、128円...

  • 予算方針、景気対策を優先 (11/29)

     政府が来月に閣議決定する2022年度予算編成の基本方針案が、検討段階で自民党内の異論を受けて大幅に修正されたことが29日、分かった。例年踏襲されてきた「厳しい財政状況を踏まえた歳出の聖域なき見直し」...

 あなたにおすすめの記事