ニュース

原発事故想定で防災訓練 柏崎刈羽の周辺住民が参加

2021/11/13 17:09
 東京電力柏崎刈羽原発から30キロ圏内の住民が避難の手順などを確認した新潟県主催の防災訓練=13日午前、新潟県柏崎市

 東京電力柏崎刈羽原発から30キロ圏内の住民が避難の手順などを確認した新潟県主催の防災訓練=13日午前、新潟県柏崎市

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の重大事故を想定した防災訓練が13日行われ、30キロ圏内の住民が事故時の対応などを確認した。新潟県の主催で、2019年に県が策定した原発事故時の「広域避難計画」の実効性を確保する狙いがある。

 訓練は同原発7号機の冷却機能が喪失し、放射性物質が放出したと想定。30キロ圏内の約18万人に屋内退避を呼び掛けた。

 柏崎市の住民約20人は大型のホーバークラフトに乗り込み、船舶避難の手順を確認。妙高市では避難所で顔認証を使った受け付けを体験した。

 柏崎市の田村幸蔵さん(66)は「繰り返し参加したい」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ノルウェーで50人感染疑い (12/3)

     【ロンドン共同】ノルウェーと首都オスロの当局は2日、オスロで新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人を確認したと発表した。一緒にクリスマスパーティーに参加した50人以上が新型コロナの...

  • オミクロン株「多くが再感染」 (12/2)

     【ナイロビ共同】南アフリカ国立伝染病研究所の専門家は2日、同国の新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への感染者の多くは、過去に新型コロナに感染していたと説明し、「感染経験があってもオミクロン...

  • フィンランドでもオミクロン株 (12/2)

     【ロンドン共同】フィンランド保健当局は2日、スウェーデンから入国した1人が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染していることを確認したと発表した。一緒に入国したグループの中にも症状を示す...

  • シンガポールで「オミクロン株」 (12/2)

     【シンガポール共同】シンガポール政府は2日、南アフリカからの渡航客2人が空港の検査で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」で陽性反応を示したと発表した。シンガポールで新変異株の感染判明は初め...

  • インドで「オミクロン株」初確認 (12/2)

     【ニューデリー共同】インド政府は2日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者2人を国内で初めて確認したと発表した。南部カルナタカ州で見つかったという。

 あなたにおすすめの記事