ニュース

受精卵着床前検査の保険適用議論 流産防止、倫理面に課題

2021/11/13 21:12
 着床前検査のイメージ

 着床前検査のイメージ

 流産を防ぐため受精卵の染色体異常を調べる着床前検査について、厚生労働省が、公的医療保険の適用可否を近く議論することが13日、分かった。厚労相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」で審議し、年内にも結論を出す。ただ障害がある人の差別につながりかねないという倫理面の課題や効果が判然としないという問題もあり、先行きは不透明だ。

 検査は、体外受精した受精卵が一定程度成長した段階で細胞の一部を取り出し、通常23対ある染色体の数に過不足がないかを調べる。数に異常があれば、移植しても着床しないか流産となることが多いため、染色体の数が正常なものを選んで子宮に移植する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 真鍋さん業績、改めて称賛の声 (12/7)

     地球温暖化予測の研究を切り開いた米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎さん(90)が日本時間7日、居住する米国でノーベル物理学賞のメダルを授与された。日本では専門家が「人類に大きな意味がある研究だ」と...

  • 前沢友作氏ら8日に宇宙へ (12/7)

     【バイコヌール共同】日本の民間人で初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する予定の衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者前沢友作氏(46)が7日、オンライン記者会見し「わくわくどきどきしている。遠...

  • 東京で新規感染19人、死者なし (12/7)

     東京都は7日、新型コロナウイルスの感染者が新たに19人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は15・9人で前日から微減し、前週比は106%。死者の報告はなかった。 感染者...

  • ゲノム編集で甘いトマト、名大 (12/7)

     遺伝子を自在に改変できるゲノム編集の技術を使い、通常よりも甘いトマトを名古屋大などのチームが開発した。実の糖度は通常のトマトより約3割高く、大きさや収穫量は同程度。栽培に特別な技術は不要という。 名...

  • コロナ第6波備え病床3割増達成 (12/7)

     後藤茂之厚生労働相は7日の記者会見で、新型コロナウイルス患者向け病床を巡り、今夏の流行「第5波」ピーク時から約3割増しとなる、全国で約3万7千人が入院可能な体制が整ったと発表した。都道府県が病床確保...

 あなたにおすすめの記事